収蔵望遠鏡

  1. HOME > 
  2. 収蔵望遠鏡 > 
  3. 西村製作所 20cm反射赤道儀 他

西村製作所 20cm反射赤道儀 他

ブランド: 西村製作所
光学系: 反射
口径: 200mm
焦点距離: 1545mm
架台形式: 赤道儀
年代: 1960年以降1980年未満
備考: 香川県立坂出高校寄贈品

西村20㎝反赤 坂出高校_001
大型望遠鏡展示棟の西村製望遠鏡コーナーに展示しています。

西村20㎝反赤 坂出高校_007

西村20㎝反赤 坂出高校_008

西村20㎝反赤 坂出高校_009
再蒸着された鏡面が見えます。

西村20㎝反赤 坂出高校_011
接眼部

西村20㎝反赤 坂出高校_012
斜鏡も再蒸着済みです

西村20㎝反赤 坂出高校_010
サブスコープ(未調査)

西村20㎝反赤 坂出高校_002
大きな赤経ウォームホイームが目立ちます

西村20㎝反赤 坂出高校_004
経年劣化で傷みはありますが、基本機能は修復できる見込みです

西村20㎝反赤 坂出高校_006
星図を見ながらこの大きな目盛り環を使って導入してみたいものです。

西村20㎝反赤 坂出高校_003
モータードライブは構造がシンプルなので修復可能と考えています。


本望遠鏡引き取りの経過紹介

2015年3月、香川県立坂出高校の校長先生から、香川大学教育学部松村教授(天文学)に、「耐震化診断により取り壊しになる校舎屋上天文ドーム内の反射望遠鏡と、部活動で使用していた古い望遠鏡が保存する価値のあるものかどうか判断してもらいたい」という連絡がありました。 松村教授の判断により、天体望遠鏡博物館が紹介され、今回の保存活動につながりました。

坂出高校寄贈品_006

2015年3月23日、引き取り作業の事前調査に伺いました。

4階建て校舎屋上にドームがあります。

坂出高校寄贈品_028

西村製作所製 20㎝反射赤道儀です。かなり長い間、使用されていない様子です。

ドームスリットに傷みがありますので、スリットからの搬出は危険と判断しました。

坂出高校寄贈品_008

坂出高校寄贈品_039

 

NO 3729 FL1545の刻印があります

坂出高校寄贈品_033

ドーム内は高床式になっています。

出入り口は狭いですが、搬出はここから行うことにしました。

坂出高校寄贈品_040

ドームの高床の下に保管していたミザールカイザーです。

坂出高校寄贈品_020

ミザールAR型8㎝屈折赤道儀(理科準備室)

坂出高校寄贈品_002

ビクセン SP型8㎝屈折赤道儀(理科準備室)

坂出高校寄贈品_004

Kenko スンーカイメモQ(理科準備室)

揃えている望遠鏡から天体写真撮影にも取り組んでいたことが推察されます。

おそらく1970年後半から1980年前半に熱心な天文部員が在籍していたのでしょう。

これらの小型望遠鏡は、20㎝反射赤道儀の引き取り作業前に搬出を行いました。


2015年4月5日 西村製作所製20㎝反射赤道儀の引き取りを行いました。

坂出高校寄贈品_023

校舎4階屋上の右にドームが見えています。

坂出高校寄贈品_025

鏡筒を外した後、モータードライブシャフトを外しています。

坂出高校寄贈品_009

赤道儀を外します。

坂出高校寄贈品_029

架台をベースプレートから外します。事前にCRC556をスプレーしていたのでさび付いていたボルトが回りやすくなっていました。

坂出高校寄贈品_007

ベースプレートはアンカーボルトを取り外しても、周りがコンクリートで固められており取り外せませんでした。校舎取り壊しの際に、業者さんに打撃ハンマーなどを使って取り外してもらえるよう依頼することになりました。

坂出高校寄贈品_013 

ドームから搬出して平台車に載せます。

坂出高校寄贈品_016

取り外したパーツを階段室に集めました。

坂出高校寄贈品_011

まず、簡易清掃を行います。

坂出高校寄贈品_017

鏡筒

坂出高校寄贈品_015

赤道儀

 坂出高校寄贈品_037

架台(4階からだと、だんだんと重みを感じるようになります)

坂出高校寄贈品_001 

サブスコープとウエイト

坂出高校寄贈品_018

ウエイト

坂出高校寄贈品_021

雨が降り出す前に作業を終えることができました。


2015年4月5日 坂出高校から引き取った20㎝反射赤道儀を天体望遠鏡博物館に搬入しました。

坂出高校寄贈品_035 

主鏡の製作者と状態確認のため、セルから取り外すことにしました。

坂出高校寄贈品_038

坂出高校寄贈品_034

裏面に鉛筆で 香川 坂出 と書かれています。

坂出高校寄贈品_003

Kyoto Nishimura fl=1545㎜ の刻印

坂出高校寄贈品_019

No 106 T  Kamei    June  1962 の刻印

坂出高校寄贈品_005

メッキ面は輝きがありません。

汚れなのか、メッキ劣化なのか判断するために洗浄することにしました。

坂出高校寄贈品_032

ぬるま湯で、汚れを落とします。

坂出高校寄贈品_012

汚れは落ちましたが、輝きはありません。
ガラス裏面の指が、劣化したメッキ面から透けて見えます。
再メッキが必要ということが明確になりました。

坂出高校寄贈品_027

斜鏡の状態を確認するため取り外しています。

坂出高校寄贈品_026

こちらも再メッキが必要です。

本格的な修復が必要なことがわかりましたので、赤道儀を含めた修復計画を検討することになりました。


今回は望遠鏡の他にも、実験器具やろくろ、黒板用定規などを戴きました。

坂出高校寄贈品_014

坂出高校寄贈品_024

坂出高校寄贈品_022

 坂出高校寄贈品_010

坂出高校寄贈品_036

坂出高校寄贈品_030

坂出高校寄贈品_031

ドーム内にあった椅子です。
20㎝反射を展示するときにいっしょに設置する予定です。
坂出高校 天文部OBのみなさん、あなたが座っていた椅子かもしれませんよ!


2015年8月、2016年3月天体望遠鏡博物館開館にむけて西村製20㎝反射望遠鏡の20㎝主鏡と斜鏡の再蒸着をヨシカワ光器研究所さんに依頼して行いました。

西村20㎝坂出高校再蒸着_004

左:口径20㎝放物面主鏡 左:平面斜鏡

西村20㎝坂出高校再蒸着_001

セルはつや消し塗装されています

西村20㎝坂出高校再蒸着_002

うつくしい再蒸着が行われています 

西村20㎝坂出高校再蒸着_003

斜鏡も美しく仕上がりました。

収蔵望遠鏡の一覧はこちら

天体望遠鏡博物館

開館日

開館日

Copyright © Museum of Astronomical Telescopes, All rights reserved.