収蔵望遠鏡

  1. HOME > 
  2. 収蔵望遠鏡 > 
  3. エイコー スカイレーダーA型

エイコー スカイレーダーA型

ブランド: エイコー
光学系: 屈折
口径: 60mm
焦点距離: 900mm
架台形式: 経緯台
年代: 1960年以降1980年未満
備考: N会員寄贈品と東京都H氏寄贈品の2台

EIKOW スカイレーダーA型_002
エイコー スカイレーダーの特徴は「一眼ファインダー」と称されたファインダーです。
初心者にとって、鏡筒本体とファインダーの光軸を平行に調整するのが難しいようです。
そこで、ファインダーの調整が必要ないようにするために考え出されたのがこの方式だったようです。
鏡筒本体の対物レンズからの光を、一眼レフカメラのように、鏡をつかってファインダーに導くようにしています。
通常のファインダーに比べて、焦点距離がどうして長くなるので、倍率が高く、視野が狭いのも特徴です。
口径60㎜の10倍ファインダーになります。

EIKOW スカイレーダーA型_003
ファインダーで天体を導入するまえに、等倍で大まかに天体を導入できるように、
簡易ファインダーがつけられています。

EIKOW スカイレーダーA型_004
接眼筒(ドロチューブ)は2段ドロチューブです。

EIKOW スカイレーダーA型_005
1974年のエイコー社のカタログデータ
定価42000円


2016年9月 当ページをご覧になった方から、本機のファインダーに使われているアイピースはどのようなものかについてのお問い合わせがありました。
本機の「一眼ファインダー」は10倍です。対物レンズの焦点距離は900㎜ですので、倍率10倍にするには900㎜÷10=90㎜となり、なんと焦点距離90㎜のアイピースになってしまいます。もちろんそのようなアイピースが使用されているはずがありません。
おそらくなんらかの補正レンズが光路上のどこかにあるはずです。そこでファインダー部を分解してみました。

スカイレーダーファインダー_001
アイピースには 10× を表すシールが貼られています。

スカイレーダーファインダー_003
対物側には、真鍮のリングに細い銅線?を張っています。写真ではわかりませんが、レンズ構成は十字線が見えるということからケルナータイプのようです。おそらくこのアイピース自身の焦点距離は20㎜~30㎜前後と思われます。

スカイレーダーファインダー_007
差し込みの外径は20㎜です。当時の一般的なドイツサイズ外径24.5㎜のアイピースとも異なるサイズです。

スカイレーダーファインダー_002
ミラーが納められている部分を分解しています。

スカイレーダーファインダー_004
丸いリングが見えていますが、対物レンズの焦点距離を短くする補正レンズのようです。

スカイレーダーファインダー_006
円形の斜鏡です。鏡筒内のフリップミラーで光をファインダー側に導き、補正レンズで焦点距離を短くし、この写経でアイピースに光りを導くようになっていました。

 

 

 

収蔵望遠鏡の一覧はこちら

天体望遠鏡博物館

開館日

開館日

Copyright © Museum of Astronomical Telescopes, All rights reserved.