お知らせ

  1. HOME > 
  2. お知らせ > 
  3. 6月21日部分日食を見よう

6月21日部分日食を見よう

[天文現象] スケジュール:2020/06/21
更新日:2020/06/21

6月21日の夕方、部分日食が起こります。日本各地で観測できますが南西の地域ほど大きく欠けます。またアフリカからアジアにかけて一部の地域(日本から近いところだと台湾)では金環日食になります。

topics03-2-m

【画像提供:国立天文台】

天体望遠鏡博物館のある香川県は現時点(12時32分)では曇りで太陽は見えていませんが、夕方に雲間から太陽が見える可能性があります。天体望遠鏡博物館の会員は全国各地にいますので、撮影できた写真を今夜から掲載していく予定です。中国の厦門まで遠征観測している会員もいますので晴天に恵まれれば金環日食の写真も公開できるかもしれません。
もし、自分のいる場所が曇ったりして見られない場合は、各地の天文台がライブ中継を予定していますからそれを見るのもいいですね。

国立天文台 https://www.nao.ac.jp/notice/20200621-partial-eclipse.html

日本天文台協会 http://www.koukaitenmondai.jp/campaign/eclipse2020.html

太陽は、たいへん強い光と熱を出している天体です。そのため、肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまいます。太陽が欠けていても、また、地平線に近づいて光が穏やかになったように感じても、光と熱が強烈であることには変わりません。安全な方法で観察しなければ、最悪の場合は失明する危険性があります。日食グラスなど専用の観察器具を正しく使って、安全な方法で観察してください。観測方法はこちらを参考にして下さい。

国立天文台 https://www.nao.ac.jp/astro/basic/solar-eclipse-obs.html#index_safety

日食の起こる仕組みはこちらをご覧下さい 国立天文台ホームページ

https://www.nao.ac.jp/astro/basic/solar-eclipse.html

日食が起こるしくみを説明した図 金環食の場合

【画像提供:国立天文台】

晴天祈願!

お知らせの一覧はこちら

天体望遠鏡博物館

開館日

開館日

Copyright © Museum of Astronomical Telescopes, All rights reserved.